桜前線

紫桜(しおん)です。自称ゲーマーのプレイ日記です♪

【とうらぶ無双】伯仲の章・小牧長久手の戦い

はい、じゃあ前回の続きからです!
shion0324.hatenablog.com

急に現れた第二のまんばちゃん。
一体何者なのか…こんのすけが知ってそうな気がする(;´・ω・)

ネタバレ全開してますが、それでもおkな方は続きからー
o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

伯仲の章

小牧長久手の戦い


おおっ、このもふもふは…三成か( *´艸`)❤

秀吉
「…三成か、よろしく頼む」
三成
「天下統一は目前にございますね。
この三成、必ずやお役に立って見せまする」

秀吉
「ああ、重々気をつけよ」

秀吉
「…張り切っておるようだ。
三成も甥の秀次も、皆が皆…」
官兵衛
「皆、秀吉様のこの先を夢見ているのです。
秀吉様は違うので?」
秀吉
「農民の子に生まれたわしがここまでになると、誰が想像する?
もう…もう…十分じゃ」
官兵衛
「…秀吉様だけは、どうも御しきれぬな。
むしろ以前よりも何か恐れていらっしゃるような」


一体何を企んでいるんだろう…(;´Д`)💦

秀吉達のいる裏でまんばちゃん達が聞き耳を立てていたようです。

…ああ、いかにも何かをしかけてきそうだ。
主従関係は良好に見えたが…そうではなかったのか?

上役とは言え、己の方が優れていると思えば、従うのが馬鹿らしく思えるのかもしれないな。



おや、そうかな?
気のせいじゃないか?

なっ、仲良く仲良く(´ω`)💦

………。

何を黙っているのかな?
補足情報はないのか?

あっ、怪しすぎる(; ・`д・´)

あとは皆様の力で解決すべきです。

…まったく愛想がないな。
言われなくともそのつもりだというのに。


「小牧長久手の戦い」
織田信長亡き後、羽柴秀吉徳川家康が派覇権を争ったものだ。

こんのすけの演算結果が意味するものが読み取れない。
羽柴軍勝利という結末は正史の流れどおりとも見えるが…。
…途中経過がでたらめだな。
秀吉の甥・羽柴秀次が襲撃されている。

羽柴秀次が指揮する三河入り作戦は放っておいても失敗したはずだ。
襲う理由はないね。

羽柴秀次を狙ったのは時間遡行軍なのか…?
それとも別の…?

………。

やれやれ、こんのすけはだんまりか。
まあ、調査を進めればわかるだろう。

ううん、こんのすけの真意が分からない分厄介だなぁ…(´・ω・`)

秀次襲撃


今回も薬研さんが支援で出てきてくれたので選びます(*‘∀‘)

ではいざ出陣❣

なら話は早い。
奴らを倒し、秀次を救うぞ。

羽柴秀次だな。
…加勢する。

秀次を囲んでいる敵を倒して行きます(`・ω・´)

だが、小物だ。
敵のうちに入らない。


…確かに物足りないな。
まさか敵はこいつらだけじゃないのか…?


もう疲れたのか?
休んでくれても構わないけど。


そうであってほしいが…。
…いや、まだ気を抜くな。


敵の策…ね。

全部倒したのでクリア…!

と、思ったのですが(ノД`)・゜・。

なっ…近くの敵は片づけたはず。
いったい、どこからどうやって…?

てな訳で、秀次がやられて思いっきり調査失敗です(;´Д`)💦

うむむ、再度挑戦します(; ・`д・´)


先ほどのまんばちゃんが「敵がこれだけじゃ~」と言い出したらマップの奥の方へ移動します!

偽物くんの勘が当たったようだな。
まあいい、こいつを斬って狙撃を止めるぞ!

羽柴秀次…いかにも人のよさそうな男だ。
あの叔父あって、この甥ありかな。


後は秀次の周りにいる敵を倒しに行きます(*'ω'*)


…近距離と遠距離…二段構えの策か。
時間遡行軍にも軍師のような奴がいるのか?

…はっ。
だが、あの狙撃位置…。
秀次の進軍経路を把握しているかのような…。


奴らが軍に干渉したと?
…まさか

あの狙撃には羽柴の息がかかっていた。
この襲撃、糸を引いたのは黒田官兵衛だ。

やっぱり官兵衛か…(;´・ω・)


敵の狙いはおおよそ見えたけどね。
羽柴秀吉を奮起させるためだよ。
可愛い甥が危うい状況となれば神経を研ぎ澄まし、勝利を目指すだろう。

確実に主君を勝たせるため時間遡行軍の手を取った、と…?
しかし、読めないのは時間遡行軍の狙いだ。
これまでの戦いとはまるで動きを変えてきた…。


何か変な方向に…(;゚Д゚)
これでこのステージはクリアです(゚д゚)!

官兵衛の介入

そもそも正史では「小牧長久手の戦い」には黒田官兵衛は関係していなかった…。
時間遡行軍から情報を得てこの合戦に参じているなら、何か歴史を変えようと狙いがあるはずだ。
今、ここで思いどおりにさせるわけにはいかない。

へぇ、さっきまで混乱していたくせにやけに立ち直りが早いじゃないか

…慣れたんだ。
いちいち臆している暇はない。

結構。
では、天才軍師・黒田官兵衛の策、今ここで阻んで見せるとしようか。


本来の歴史では岩崎城を攻め落とすのに時間がかかり、三河へ向かうのが遅れるのですが…。

黒田官兵衛の策と、時間遡行軍の力押しで戦況が動いたんだな。

はい、岩崎城は瞬時に落ちる…と分析されています。
なお、羽柴秀吉の子飼い・石田三成の動きも見られるようです。
一応、警戒を。


「岩崎城の戦い」は正史どおりに収める。
黒田官兵衛石田三成…双方、俺たちが抑えよう。


今回の支援はおじじですね( *´艸`)

では、いざ出陣❣

徳川兵を救援してください。
兵力が減り、城の防衛が不可能となれば調査失敗です。

しかしまあ…時空に歪みがあちらこちらに…。
あれを放っておくわけにはいかないかな。

なるなる、今回は徳川の味方に付いて羽柴の邪魔をする、と( ..)φメモメモ
徳川兵が100人やられてしまわないように立ち回ります(`・ω・´)


羽柴の兵が続々と…!
…いや、まずは時空の歪みだ。


石田三成!?
ぞろぞろと兵を連れているな。
まあいい、まとめて止めてやる。

敵がわんさか(;゚Д゚)💦


羽柴軍の士気が高すぎる…。
石田三成を止めて、奴らの勢いをくじくぞ。


…城内に時空の歪みが生じただと?
城の徳川兵が危ない、急ぐぞ!


石田三成には退いてもらった。
これで羽柴軍の勢いは抑えられるかな。

全部の!を守る兵士と時間遡行軍を撃破すると大きい大太刀が出現しますΣ(゚Д゚)


だが、もう少し時間を稼ぐ必要がある。
このまま徳川軍を援護してやるか。

城内の徳川兵が苦戦しています!

まずいな…早く敵を片づけるぞ!


時間いっぱいまで徳川兵を守り続けるとクリアです!


敵の心を折らんという天才軍師の策だろう。
生憎、俺たちには効果なしだったけどね。

そういえば…。
いや…なんでもない。


山崎の戦いで見たのは、やはり幻だったのかと思って。

………。

あれがなんだったのかわからない。
敵の策のうちなら警戒すべきと思ったが…。

…まあね。
ただ、姿の見えない明いてより今は目の前のことに集中すべきだろう。

わかってる。
…ふと、頭をかすめただけだ。

ううん、官兵衛の思惑もまんばちゃんの姿もまだまだハッキリとは分からないみたいですね(;´Д`)
続きが気になりますが、今回はここまで✨


← To Be Continued♡---


次の記事へ


最初の記事へ
shion0324.hatenablog.com