桜前線

紫桜(しおん)です。自称ゲーマーのプレイ日記です♪

【とうらぶ無双】伯仲の章・聚楽第➁

ではでは、前回の続きから✨

秀吉が決心をつけて少しはいい流れになるかと思いきや…。
ややこしいことをしてくれたなぁ(´Д`)💧

ネタバレ全開ですので、それでもおkな方は続きからー
o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪

伯仲の章

聚楽第

黒田官兵衛の動きは留まりませんね。
聚楽第への襲撃を開始したようです。

…俺たちも聚楽第に入るぞ。
歴史改変はここで食い止める。

黒田官兵衛なら俺たちが来るのは想定済みだろう。
…守りは堅い。
気づけれずに潜入したいところだ。

潜入・聚楽第


よし、今回は長谷部にボーナスが付いてるので支援してもらいます( *´艸`)
いざ出陣❣


まずは潜入できそうな場所を探そうか。
奴らに見つからないようにな。

おっと、今回はステルス任務のようです(;'∀')
赤マークに入らないようにこそこそ行かねば💦


単純な動きで芸がないが…。
おかげで、見ていない隙に通れそうだ。

何か、バイオ6やらRE:2を思い出す…ww

ここまでは順調だが…。


いきなり通りかかった門が開門しておじさんが(゚д゚)!

豊臣の兵か…化け物を倒しに来たが、城内にはどのように入ればいいのかな?


…うまく聞き出したな。

そちらはずいぶん静かだったけどね。
東へ向かうぞ、都合よく門も開いたようだ。

都合よくとか言わないw


時間遡行軍なのか?
あんなもの見たことがないぞ…!
…得体のしれない敵と戦うのは危険だ。
今はあいつを避けて先に進もう。

蝶々っぽいよね(;´・ω・)
いよいよウスタナクを思い出させる…ww
この蝶々みたいなのは結構先までまっすぐ進むので、割と大胆に後ろをついて行って大丈夫です(; ・`д・´)


だが、さっきの奴がいつ通るかわからない。
警戒は怠るな。
…わかっているとは思うが。

蝶々がUターンして通過したら先へ進みまそう(*´ω`*)✨


つい気になって行き止まりの路地へ寄り道すると人が(;゚Д゚)

こんなところに、まだ兵がいたのだ。
城への道を間違えたか。


親切に教えてくれるので引き返してきちんと通路に戻りますw


もう後は一目散に走り抜けまそう(`・ω・´)


…なんとか凌いだ…かな。


✼••┈┈┈┈••✼♡✼••┈┈┈┈••✼



…あれは偽史の流れを守るもの。

時間遡行軍なのか?

残念ながら、転送された情報は一部破損しており、正体不明です。
しかし、わかることは一つ…。


………。

本当に不愛想な管狐だね…。
今になって言うことか?

そりゃこんなにあっさり言われちゃまんばちゃんも黙っちゃうよね(;´Д`)

「強襲調査」が危険な任務ということはわかった。
それでも、退けないのに変わりはない。


ううん、本当にどんどんややこしいなぁ(´Д`)💦


✼••┈┈┈┈••✼♡✼••┈┈┈┈••✼


官兵衛
「ですが、これはいただけない。
秀次様への処遇も非道にすぎる…理想とは遠すぎる。
私はどうなろうと、あなたには心を取り戻してもらわなければ」

おお、なんか正気に戻っ…

たわけでもないよですね(;´・ω・)
一つ目ってどういう…??


✼••┈┈┈┈••✼♡✼••┈┈┈┈••✼


じゃあ、次の戦場へ行きます!

この先に待つのは黒田官兵衛豊臣秀吉の真っ向勝負。
ただの観客なら面白いだろうけど…。
俺たちには使命がある。
あるべき流れのとおり、官兵衛に退いてもらおうか。

…歴史を守る上でも、本丸のためにも、それが正しいな。
ただ…。
本来ない歴史の中で惑わせたのならば、官兵衛も被害者だ。
せめて心を取り戻すことを願う。

…へぇ。

同情など刀剣男士らしくないかもな。
ただ、俺個人としては…そう思う。

ええ子や…(*ノωノ)

…まあ、勝手にすればいい。

…ふっ。
…参るぞ。

ははっ、余裕が出て来たか。
待ち受けているのは、あのかもしれないのに。

裏切りの軍師


よし、じゃあいざ出陣❣



…急ぐぞ。


そうだな…不要な戦闘を避けるのも一手か。


制限時間以内に頑張って上を目指します!(`・ω・´)

さぁ、広間まで来るとえらいもんが…(;´Д`)

こうも早く、こいつと再会することになるとはね・

硬い上に攻撃範囲が広いのでなかなかの強敵です(´Д`)💧

なんとかなったが…くそ、時間を取られたか。

30秒ほどかかりました(´;ω;`)


…悪いが、時間遡行軍に構っている暇はない。


あまりここで時間を使いたくはないんだが…。

あの蝶々みたいなの以外は無視して走り抜けて問題ありません(`・ω・´)

そして上まで上ると…。


豊臣秀吉は殺させない。
…あんたも、心を取り戻せ。


ダメだ話が通じない(;゚Д゚)
更に時間遡行軍を召還してきます(;´・ω・)

やれやれ、熱くなって…呆れたもんだね。
豊臣秀吉、早く安全なところへ退避を。


…あんたは秀吉の天下を望んでいたはずだ。
その秀吉を手にかけてどうする!


相手に少し疲れが見えてきたかな。
手を緩めるなよ?

当然だ。
…必ずここで、止めてみせる。

官兵衛を倒せばクリアです✨


✼••┈┈┈┈••✼♡✼••┈┈┈┈••✼


さて、官兵衛を倒すと突如官兵が輝きを…。

それとともに城が揺れ始めます。

窓の外に目を向けるちょぎとまんばちゃん。
そこに現れたのは…

で、でかい(;´Д`)💦
現れたカブトムシみたいなのに官兵衛が吸収されてしまいます。

行くぞ!

窓から二振りとも飛び降りてカブトムシを追いかけます!


✼••┈┈┈┈••✼♡✼••┈┈┈┈••✼



黒田官兵衛を飲み込んだ蟲…。
以前見たものより明らかに手ごわそうだな。

あれこそ偽史の中核を守っていると考えてよさそうです。
必ず倒してください。

………。

怖気づいたかな?

…まさか。
山姥切の切れ味を味わわせてやる。
…行くぞ、山姥切、長義。

ああ、分かった。
偽物くん。

意地でも国広とは呼んであげない長義w
うーん、もう一戦行けそうなのでこのまま続けます❣

蟲、来たりて


ちょぎにボーナスが付いてるのでこのまま行きます!


庭園のあたりか。
戦いやすくていいじゃないか


でかっ(;゚Д゚)

…気をつけるべきは…あの巨大な角か。

鋭い爪もだな。
出すぎるなよ。

お前こそ。

少し体力を減らすとカブトムシが突っ込んできます(゚д゚)!

くっ…なんだ、今のは。

…あれは避けられそうにないな…。

となると、角を受け止めるしかないか。
ははっ…楽しめそうだ。


カブトムシが突っ込んでくるとタイミングよくYボタンを押します❣



鍔迫り合いに勝つとダウンを取れます(∩´∀`)∩✨


…ふん。
まあ、主が見たら驚くだろう。

…さあ、どうかな。


同じように受け止めます!

ふん…ぶった斬る!


カブトムシを倒すとクリアです❣


…お前こそ。
だが…悪くない戦いだった。



おお、やった( *´艸`)💕

私は先に失礼を。
次の調査へ、第四部隊を案内します。

やれやれ、慌ただしい。
他の部隊もなかなか手こずりそうだな。

不可解なこと続きだったからな…。
帰城次第、見てきたことを各部隊長に周知しよう。

異議なし。
それから、さっきの働きだが──。



優を貰えたようですよ(*‘∀‘)❤


✼••┈┈┈┈••✼♡✼••┈┈┈┈••✼



秀吉
「よい、三成。
黙っていろ。
…官兵衛。
こたびの申し開きはあるか?」
官兵衛
「………。
いえ、何も。
不思議なことに、今は魂から何かが抜け落ちたようで…。
自分がしてきたことが信じがたいのです」

漸く官兵衛も正気に戻ったようです。

秀吉
「ふむ…。
まあ、わからぬでもない。
大きな望みを生かそうとすれば、自分すら変わらないもの…。
わしも手は汚れ、目はぎらつくばかり。
しかし、天下人として歩み続けるしかないのう」


その後、秀吉は愛息・秀頼を残して死に、黒田官兵衛は隠居し静かに過ごした。
そう、それもまた正しいとされた歴史のとおり。


てなわけで、無事に伯仲の章クリアです(*‘ω‘ *)
長かったですが、次回から第二章に進みます❣
今回はここまで✨


← To Be Continued♡---


次の記事へ
shion0324.hatenablog.com


最初の記事へ
shion0324.hatenablog.com