桜前線

紫桜(しおん)です。自称ゲーマーのプレイ日記です♪

【とうらぶ無双】孤狼の章・関ケ原の戦い

またもや時間が開いてしまいましたが、前回の続きから!
政宗の目を覚まさせようとしたみっちゃんでしたが、思いもよらぬ方向に…。
shion0324.hatenablog.com

ネタバレ全開ですので、それでもおkな方は続きからー
o(・ω・ヽ)(/・ω・)o レッツゴー♪


関ケ原の戦い


やっぱり政宗は三成のいる西軍についてたようです…(´Д`)
伽羅ちゃんも予想していた通りかと口にします。

石田三成はこの先、豊臣政権を維持するため、「関ケ原の戦い」を起こす。
政宗公とは別勢力…。



みっちゃんのせいじゃないよ…!(´;ω;`)
と言いたいところだけ、ど。

悲運の姫


驚いた、「関ケ原の戦い」よりずいぶん前の時代だな。
文禄四年…五年前か。
なぜここに?

わずかですが正史との違いが見られましたので。
第五部隊も調査した「秀次事件」…。
今回は伊達政宗が動いていますね──。


✼••┈┈┈┈••✼♡✼••┈┈┈┈••✼


本来なら秀次に連座して処断された駒姫。
秀吉のじきじきの命令で政宗と三成が動いて助命までは至らなかったはずと口にするみっちゃん。
だからこそ政宗は時間遡行軍を利用して刑場に乱入しようとしているとか(;´Д`)

関ケ原の戦い」周辺の歴史を見る限り今回の駒姫助命は布石になっているようです。

駒姫の父親は最上義光だ。
…北の関ケ原長谷堂城の戦い」で政宗公と関るはず。

玄米茶!
政宗の伯父さんですね(`・ω・´)
てことは駒姫は従妹か…。

となると、これは時間遡行軍の干渉結果か?
ごちゃついてきたんだが…。

とにかく今は明らかな歴史改変の兆候を防ぐことに尽力しまそう!
今回の目的は駒姫助命を試みる政宗の足止めをすることです(; ・`д・´)

あっさり言ってくれるねぇ(´・ω・`)💦

出陣




まずは周りの敵を倒してしまいます❣


木を倒せる刀の強度って一体(;´・ω・)

ではこのまま道なりに進んで敵を倒して行きます(*‘∀‘)
まずはマップ真ん中。

ここを封鎖して更に北に向かったところで政宗が登場しました。

バッテンマークがついているので、政宗は倒しちゃダメのようですw
因みにこんな木を…。

斬って倒すw

刀剣男士の使う刀は普通のそれとは違うようです(; ・`д・´)

さぁ、更に更に北へ向かうと…。

えっっ…流石に崖崩れは刀では無理では…w
と、取りあえず行く手を阻む敵を倒してしまいまそう(。-`ω-)
政宗が上手く足止めされてくれると迂回し始めます。

時間稼ぎは十分できるのでそう焦らなくても大丈夫そう(`・ω・´)

無事に邪魔する敵を倒して崖を斬り崩せばクリアです✨


クリア後

あまり気持ちの良いものではないけど駒姫の処断は史実通りに行われるようです(´;ω;`)

鶴さんはみっちゃんの疑問に対して原因を探るのは後にしようと言います。
関ケ原の戦い」までの流れは変わっていないので立ち止まっている暇はない、と。
そんな三振りの様子を見ている視点が…。


おっと、どうやらまんばちゃんの姿がお気に召しているようです(*´ω`*)w
よし、では次に行ってみよー!

長谷堂城の戦い

北の関ケ原、「長谷堂城の戦い」の地点か。
石田方の上杉軍と、徳川の最上軍の争いだな。

上杉軍が最上領に侵攻を始めたばかりみたいだ。
一見、本来の流れ通りに見えるけど?

いえ、伊達政宗は上杉軍につく姿勢です。
この後すぐに時間遡行軍が放たれるでしょう。

はっ!
伊達軍のつくのは本来は伯父の最上軍のはずだ。
歴史の流れは変わってないのか。

政宗公が駒姫救出のため尽力したことにより最上義光は甥を信頼しきっていたはずだぜ。
まさしく晴天の霹靂ってやつだな。
あっという間に勝負がつくだろう。

…伊達軍は北の戦いに早々に肩をつけて関ケ原の地に参戦するつもりか?

政宗公…。

伊達軍の動向が「関ケ原」の勝敗に与える影響は大きいだろうな。
歴史がひっくり返る前に食い止めるぜ。


出陣



取り合えず近くの拠点を守っていきましょう(`・ω・´)


途中でこんなことを言い出しますが、今はどうしようもないので構わず拠点を回っていきます(*‘ω‘ *)✨

二つ目の拠点に入ると兼続の姿が。
ここには鮫延がいます❣


鮫延を助けてあげて拠点を守ります( *´艸`)

さて、最後の砦に…。

ここには名だたる将がいないようです…!

無事に敵兵を倒しきると…。


最初の方で例の道が~と行っていた兵士がこんなことを。
様子を見に行ってあげまそう✨

近くにまで行くと兵士が時間遡行軍に囲まれています。

鶴さんがそんなに必死に塞がないと何かまずいのか?
と疑問を口にしますが、まずは塞ぎに行きます❣
目的地の木を倒せばおKです(`・ω・´)

ではさっきの兵士を助けにいきます(*‘ω‘ *)

さて何とか倒したもののまだ敵の数が多そうだという伽羅ちゃん。


最上義光が助けを求めているみたいだ。
さっそく向かおうか?

いや、戦況をふまえて考えるべきだな。
各拠点の兵力からして、まず助けるべきは…。

と、こうして書き起こしている今ならどこからなんて明白なのですが…w
深く考えてない上に方向音痴の私はどこから行けばいいのか分からず、まず敵の多そうな拠点に行くことに…w

あろうことか、本拠地を引くという…(;´Д`)💦

名将いないって言ってたよねぇ…💧

てなわけで、気を取り直してもう一戦(。-`ω-)

とりあえず木を倒して増援が来る流れまでは一緒です。
先ずは最前線へ救援へ向かうと…。

との伝令が出て、鮭延が玄米茶最上義光の元へと行ってくれます!
最前線の拠点を守り切れば今度は…。

なので、真ん中の拠点を助けに行きます(/・ω・)/

そしてそして…最後に大将のいる拠点を守り切ればクリアです✨



やるべき本題は見えているので、後は最上軍に任せて引き上げることになったようです。

クリア後


ただここに政宗の姿はなく…。
すでに関ケ原にいるのかと疑問を抱くみっちゃん。

第五部隊は黒田官兵衛の干渉を解くために刃を交えたと言ったと鶴さんのそれに賛同する伽羅ちゃん。
何よりも眼帯の下の目が赤く光っていたことが本人であろうとも正気ではないことだと鶴さんは口にします。

…戦である以上、手は抜けない。
政宗公もそう生きてきたはずだ。

言葉での説得に失敗したんなら、もう刀を持って向かい合うだけだ。
そうだろ?

そんな伽羅ちゃんと鶴さんの言葉にみっちゃんも頷くしかないのでした。
やっぱりみっちゃんには辛いかな(´・ω・`)

よし、じゃあ今回はここまで✨


← To Be Continued♡---


次の記事へ


最初の記事へ
shion0324.hatenablog.com